富士総合火力演習その2

富士総合火力演習は前段演習、後段演習と分かれています。

前段演習は各種兵器の紹介と、いわば試し撃ち。後段演習は実際の作戦を想定した連携となっていました。

どちらもとても興味深いものですが、その後の装備品展示。これは外せません…!

なんと演習で使用した戦車や戦闘ヘリ、各種車両を近くで見ることが出来ます。

車両の少し前にロープが張ってあり、そこまでは近づいてOK。

普段は見ることが出来ない戦車などを見ることが出来るのはもちろん、戦闘ヘリの圧倒的な格好良さ、デザインの素晴らしさに目を奪われました。

名称は「AH-64D アパッチ・ロングボウ」だそうです。

シルエットと機体前部のセンサー…ウットリです。。これ兵器じゃなくて何か別の目的を持って、デザイナーさんがデザインしたと云っても不思議じゃないと思うのです。

    • cyberfairy
    • 2010年 9月 6日 1:52pm

    兵器の写真はアツイなー!!
    話によると弾薬だけで3億円規模とか。

    岐阜の各務ヶ原にある航空自衛隊岐阜基地の
    航空祭が近隣では結構有名なようです。
    ブルーインパルスとか飛ぶらしいです。
    かなり望遠が必要とのことですが…。

    無線の受信機を買っていくと、次に何が飛ぶのかとか、
    パイロットのやりとりが聞けてよさげとのこと。
    (※ボクも友達がスキで一度連れてってもらいましたw)

    10月24日らしいのでよかったら是非。

    • heaven7
    • 2010年 9月 6日 10:45pm

    コメントありがとうございます。
    写真はまとめてPhoto Galleryにもあるので、良かったら見て下さいませ。
    演習は1日だけじゃなくて土日(平日はどうだろ?)、しかも夜間演習があるからものすごいお金かかってるんでしょうね。。
    残念ながら、私の持ってるレンズでは航空ショー的なものはかなりキビシイですw
    今回も花を写すのに定評のあるレンズで撮影しました…!

    そうそう、実際に行って初めて分かるものに自衛隊の「方言」みたいなのがありました。
    弾着を「だんちゃーく」って伸ばして云うんです。
    無線だとそういうの満載カナ。

  1. トラックバックはまだありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。